人工の歯根

歯
05.21.2014

何らかの原因で歯を失った場合、それが永久歯であれば再生することは不可能である。そのような歯を失った部位の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を付ける治療法をインプラント治療という。健康な歯に負担を掛けない、見た目が良いという特徴がある。

治療は1本から複数まで対応することが可能である。人工歯根の材料は主にチタンもしくはチタン合金が使用されている。治療には、顎の骨に人工の歯根を埋め込む手術が必要であり、歯医者の経験が必要となることもある。

矯正歯科とは
噛み合わせの悪い歯並びを矯正し、正しい歯並びにすることを歯列矯正という。歯並びを美しくするだけでなく、歯槽膿漏や虫歯などの病気を予防するという目的もある。

治療は、一人ひとりの状態に合わせた装置を口腔内に装着し、人工的に歯を動かしていくものである。場合によっては、必要に応じて抜歯をすることもある。
治療期間は、治療を始める年齢にもよるが2~3年程掛かる事が多く、中には5年以上を要する場合もある。費用は各歯医者により異なる。

歯医者の選び方
外国に比べて、歯に対する意識が少ないと言われてきた日本ですが、最近では歯列矯正やインプラント治療が一般的になり行う人も増えてきている。ここで問題となるのが、歯医者の選び方である。歯医者を選ぶ際には、各治療の専門的知識に加えて、豊富な経験や専用の機器を備えているかも重要である。

特に矯正治療は時間と費用が掛かるため、選ぶ際には安易に決めることは避けるべきである。治療に対して疑問や不安な点があれば、しっかりと相談することが大切だ。

インプラントまでの治療

女の子の歯
05.21.2014

動物にとって、歯は生きて行く上での大切な体の一部です。動物だけでなく人間にとっても、自分の歯を維持し続けることは重要です。ところが、病気や怪我などで歯を失うこともあり、歯自体に問題があり抜歯に至ることもあります。

インプラント治療が始まる以前は、ブリッジで欠損した歯の前後の歯を削る治療や、入れ歯がありました。しかしどちらも、健康な歯にとって削るという負担をかけたり、食事のときに食べ物が挟まって痛みが生じたりということがありました。

入れ歯やブリッジに代わる治療
インプラントは入れ歯やブリッジに代わる治療として注目されています。インプラントは自分の歯と変わらない見た目と、噛み心地を手に入れることができる、たいへんメリットの多い治療法です。

治療法としては、まず欠損した歯の部分の顎の骨に、アンカーと呼ばれる金属を埋入します。次に、アンカーが安定したらその上に元の歯と同じような義歯を装着します。この治療には歯医者さんの熟練した技術が必要です。その後は、定期的に歯医者さんでのメンテナンスに通院するだけです。

歯医者さんでの矯正
インプラント治療は画期的で、患者にとって毎日の生活が改善されるすばらしいものです。患者にとって、毎日が笑顔で過ごせることは、何よりも大きな治療成果と言えます。矯正もまた、歯医者さんで受けられる治療のひとつです。

歯並びなどの見た目や、噛みあわせの良くない歯は、口腔だけの問題ではなく、体全体に影響することがあります。矯正によって見た目も改善ができ、噛みあわせが良くなれば、小顔になるなど美容の点でも良い結果を生みます。